トップページ > トピックス

トピックス

津南の雪室ばれいしょと雪下人参

雪室ばれいしょと雪下人参


DSCF0611.jpg津南 桑原の雪室ばれいしょです。遊離糖(グルコース、フルクトース、スクロース)が冷蔵保存しているものより大きく増加しているのが特徴です。


DSCF0614.jpg雪下人参です。降雪により葉が少しつぶれました。


DSCF0617.jpg品質に影響は出ていません。


雪下人参の特徴は、糖度が普通の人参に比べ2度程高く、人参特有の嫌な癖もないところです。雪の下は温度が一定(0℃)なため凍らず、水分があり乾かないために「みずみずしく、味はマイルドで甘く、香りがよく、歯切れの良い食感」になるようです。

多雪地域ならではの甘い雪下人参は収穫時期が非常に短いので皆さんお見逃しなく!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示