トップページ > トピックス

トピックス

JAながさき県央 『ゆめのか』いちご 新潟あゆみ幼稚園 食育・寄贈

JAながさき県央の若手生産者(青年部)の皆さんが来県され、新潟あゆみ幼稚園(新潟市東区)を訪問し、今が旬の『ゆめのか』いちごの食育と寄贈を行いました。今回が初めての試みです。

ステージより登場。
20180213-1.jpg
隅に居るのは、長崎ゆめのかいちごのキャラクター『ゆめずきんちゃん』です。
遠路はるばる、長崎からわざわざ新潟まで来てくれました。

まずは、長崎の場所の確認です。「さあ、わかる人?」
20180213-2.jpg
見事、正解です。最初に選ばれた園児が当ててくれました。すごい!

20180213-3.jpg
「ここです。」
続いて、いちごのプレゼント。あわせて、ゆめずきんちゃんのシールも。
20180213-4.jpg

20180213-5.jpg
最後に園児の皆さんからの質問タイムです。

20180213-6.jpg
質問を聞く弊社 岩名。たくさん手があがりました。

20180213-7.jpg
園児の皆さんからはするどい質問が。

なんでいちごは赤いの? なんでいちごは三角なの? いちごはどうやってできるの? なんでいちごはつぶつぶがあるの? どうやって食べるとおいしいの? いちごはどこが一番あまいの? などなど・・・

生産者のみなさんも上手く答えられませんでした。来年までの宿題としました。

上の写真は「ヘタを取って、水洗いをすると大事な栄養分が流れ出てしまいます。」と説明しているところです。水洗いするときは、ヘタはつけたままで。

20180213-8.jpg
新潟あゆみ幼稚園の園児の皆さん、そして先生方ありがとうございました。おじゃましました。
これから、長崎『ゆめのか』いちご どうぞよろしく!!



あとがき
 『ゆめのか』いちごは、愛知県で品種登録され、主産地は愛知県です。
 大粒で果汁が多く甘く、ほどよい酸味があります。果皮がしっかりしており日持ちします。
 朝に収穫し、鮮度保持のためにすぐに予冷し、ひとつひとつ丁寧にパック詰めされ
 冷蔵状態を保持し全国各地へ出荷されています。
 是非、長崎県産『ゆめのか』いちごを味わってみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示