FC2ブログ

トップページ > トピックス

トピックス

JAグループ和歌山(「ココ・カラ。和歌山」協議会) JAありだ共選協議会 和歌山県産みかん 寄贈

和歌山県産農産物のブランド拡大と定着を図っているJAグループ和歌山(「ココ・カラ。和歌山」協議会) JAありだ共選協議会が、和歌山特産の「有田みかん」をPRするため、11月20日に新潟市に訪問されました。今回で3回目の訪問になります。

新潟市中央区の愛泉幼稚園を訪れ、「有田みかん」約100キロとみかんの苗木6本を寄贈しました。
20151125-1.jpg

20151125-2.jpg
「有田みかん」がどんなところで作られて、どんな思いで新潟に届けられているか、
前田調査役様から園児のみなさんに伝えて頂きました。

20151125-3.jpg
「みかんの花は何色かな?」 答えは「しろ」です。
みんな一生懸命に答えてくれました。

20151125-4.jpg
そして、上手なみかんの皮の剥き形を教えて頂きました。その名も『ありだ剥き』。

20151125-5.jpg
最後に3代目のありだみかん大使の竹村 星那さんから「有田みかん」が園児のみなさんに配られました。有田みかんキャラクターのミカピーも入っています。

20151125-6.jpg
新潟市(新潟市社会福祉協議会を通じ、新潟市内の福祉施設)にみかん50箱が寄贈されました。
写真 右 浜田新潟市副市長  左 中村JAありだ営農販売部部長

20151125-7.jpg
ここでも、みかん大使から『ありだ剥き』の紹介がありました。

20151125-8.jpg
新潟市は1世帯当たりのみかん消費量は全国トップ10(金額9位 数量10位)に入るほど、みかんの消費量が多い都市です。これからも、和歌山ありだみかんをたくさん食べて頂き、寒い新潟の冬を元気に過ごしてください。
スポンサーサイト

ル レクチエ 初出荷!!

今年もおよそ1ヶ月となりました。早いものですねぇ。
一年で最後の新潟県産の果物が出荷となりました。待ち焦がれていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そう、新潟が誇る冬の味覚、ル レクチエです。
初出荷にあわせて新潟県内の各産地、勢揃いで試食会です。報道各社の皆さんも勢揃いです。

20151124-1.jpg

20151124-2.jpg

全農にいがた 新潟県本部の近藤園芸部長様よりご挨拶をいただきました。
20151124-3.jpg

今年は、強風や病気で昨年より出荷が少ない見込みだそうで、少し残念です。

20151124-4.jpg

20151124-5.jpg
でも、味はどこの産地も非常においしかったです。(ちゃっかり、試食しました。)
新潟の年末の果物として欠かせない逸品です。今年の冬もぜひお楽しみください。


だからどうした的一口メモ
西洋なしといえば、ル レクチエの他にラ・フランスがありますが、頭についてる“ル”と“ラ”って何が違うのでしょうか? ちょっと調べてみました。
どちらも英語の“The”と同じような冠詞なのですが、“ル”は男性名詞につく冠詞で、“ラ”は女性名詞につく冠詞だそうです。
ってことは、ル レクチエって男性だったのね!
ちなみに冠詞の“レ”は複数名詞に付くんだそうです。

第11回南魚沼市場まつり

11/8(日)に(株)魚沼食品流通センター六日町市場で第11回南魚沼市場まつりが行われました。

20151113-1.jpg
雨の中、たくさんのお客様にご参加いただきました。


20151113-2.jpg

20151113-3.jpg
新鮮野菜の即売会では長蛇の列ができて、賑わいを見せました。


20151113-4.jpg
景品の当たるサイコロゲームが開催されていました。何が出るかな♪何が出るかな♪


20151113-5.jpg
ゼスプリによるキウイフルーツの試食販売も行われていました。
甘くおいしいキウイにみんな感激!

その他、模擬セリや雪国まいたけの振る舞い鍋などのイベントが開かれていました。
悪天候の中、たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。

2015 南魚沼市場まつり

第11回南魚沼市場まつりのお知らせ

20151105-1.jpg

11/8(日)に(株)魚沼食品流通センター六日町市場で第11回南魚沼市場まつりを行います。
時間は朝の9:00から11:00までです。来場者参加のセリ販売、まぐろ解体ショーを予定しています。
皆様のご来場をお待ちしています。