トップページ > トピックス

トピックス

新潟清心女子中学校 ゼスプリ キウイフルーツ 食育・寄贈

6月15日(金)新潟清心女子中学校(中学1年から3年生80名参加)において、ゼスプリ キウイフルーツの食育・寄贈を行いました。
新潟清心女子中学校への訪問ははじめてです。

講師は、ゼスプリ インターナショナルジャパン㈱の足立様が担当しました。
当日はわざわざ東京からお越しくださいました。
20180616-1.jpg

まずは、キウイフルーツの歴史、栽培方法、産地紹介、品種紹介からです。
20180616-2.jpg
クイズ形式で説明しました。キウイフルーツは遠いニュージーランドから運ばれてきます。
その後、緑色の「グリーンキウイ」と黄色の「ゴールドキウイ」の違いを説明して頂きました。

そして、実際に食べ比べをして頂きました。
20180616-3.jpg
硬いものと完熟したものを食べて頂きました。

足立様より、完熟の見分け方、また、硬いものを軟らかくする方法を教えて頂きました。
20180616-4.jpg

20180616-5.jpg
先生にもご試食頂きました。

20180616-6.jpg
生徒の代表の方から、ハーフカットの実演。ただ、半分にして中身を食べるだけでOK。

20180616-7.jpg
最後にみなさんにプレゼント。お家に帰ってキウイフルーツのPRお願いします。

20180616-8.jpg
ハーフカットした「サンゴールド」キウイ。


<豆知識>
小さな果実1個にたっぷりの栄養が詰まったキウイは、毎日の健康維持や美容に役立つ効果が豊富に含まれています。

○ビタミンCで美肌効果(レモン8個分以上ビタミンCが含まれています)
○ビタミンE、Cでエイジングケア(抗酸化ビタミンE、Cが含まれています)
○食物繊維で腸内環境維持(水溶性、不溶性食物繊維が含まれています)
○糖質コントロールでダイエット(食後の血糖値の変動を表すGI値が低いです)
○カリウムで高血圧対策(カリウムで減塩効果)
○酵素で消化をサポート(タンパク質の分解を促し、消化をサポートするアクチニジン分解酵素を含んでいます)
○ビタミンで疲労回復(ビタミンC、Eで抗酸化作用)
○女性、ママさんにうれしい効果(造血ビタミンの葉酸を多く含みます)
○お子さんの栄養バランスUP(ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含み、栄養たっぷり)

今が旬、キウイフルーツをご賞味いただき、健康を維持していただきたいと思います。
ヨーグルトに入れて食べるのもおいしいですよね!

最後に、貴重なお時間をいただきました新潟清心女子中学校のみなさん、そしてご協力頂きました先生ありがとうございました。
スポンサーサイト

JA越後中央 弥彦支店 枝豆「弥彦むすめ」食育出前授業

初夏の到来を感じさせる新潟県産 枝豆。10月中旬まで出荷が続きます。
なかでも、最も早く出荷される枝豆「弥彦むすめ」のさらなる認知向上と枝豆の消費拡大のため、6月1日、新潟市立鏡淵小学校を訪問し、食育出前授業を行いました。
鏡淵小学校への訪問は今回初めてでした。

2年生 32名が参加してくれました。(家庭科室にて)
20180604-1.jpg

20180604-2.jpg
JA越後中央 弥彦支店 本田様(右)、「弥彦むすめ」生産者 鈴木様(左)
鈴木様は「弥彦むすめ」を栽培して15年になるそうです。

お二方から、「弥彦むすめ」の生産地、弥彦村の紹介と「弥彦むすめ」が出来るまでを説明していただきました。
20180604-3.jpg
収穫は朝4時から行っているそうです。大変な作業です。

続いて、枝付き枝豆のもぎ体験。みなさんからやっていただきました。
もいでもらった枝豆を塩もみして水洗いをした後、茹でてみんなでいただきました。
20180604-4.jpg

20180604-5.jpg

20180604-6.jpg

20180604-7.jpg
お味はいかがですか?

20180604-8.jpg
校長先生、教頭先生、担任の先生にもご試食いただきました。

20180604-9.jpg
生徒の代表の方に「弥彦むすめ」1束をプレゼント。

20180604-10.jpg
「弥彦むすめ」おいしかったかな?・・・おいしかったとみんな手をあげてくれました。

20180604-11.jpg
最後に、みなさんに1束ずつプレゼントしました。

20180604-12.jpg
「弥彦むすめ」
昭和40年代から弥彦村で栽培されているおり、今年でなんと50年目を迎えました。
県内で最も早い5月上旬から出荷される極早生品種で、5月下旬から6月上旬にかけて出荷のピークを迎えます。鮮度保持のため、葉付き・根付きで出荷され、その甘味、香りは最高です。
 
新潟の季節の味、みなさん、ぜひご賞味ください!

ゼスプリキウイ 藤見幼稚園において食育・寄贈

5月18日 藤見幼稚園(新潟市東区)におじゃまして、ゼスプリキウイについて食育授業と寄贈を行いました。藤見幼稚園には今回初めておじゃましました。
20180602-1.jpg

食育授業前に給食でサンゴールドキウイの試食をしてもらいました。
20180602-2.jpg
試食では、「甘くておいしい」、「キウイ大好き」などの感想が出て、とても好評でした。

食育授業には園児と先生あわせて326名のみなさんに出席していただきました。
20180602-3.jpg
それでは、授業スタートです。みんなお行儀いいですね。

20180602-4.jpg
まずは弊社 栗山(右)からキウイの説明、ゼスプリマークの紹介をしました。

20180602-5.jpg
続きまして、キウイブラザーズの紹介です。
食物繊維豊富な「グリーンキウイ」とビタミンC満点の「サンゴールドキウイ」の仲良し兄弟トークで、園児のみんな大喜び

20180602-6.jpg
キウイの効果・効能について、われらが「のぶおマイスター」(キウイ販売担当 金塚)が説明しました。

キウイのパワーについて、のぶおマイスターからクイズ形式で出題
みんな答えられるかな?
20180602-7.jpg

20180602-8.jpg
グリーンキウイに含まれる食物繊維はバナナの3本分!
サンゴールドキウイに含まれるビタミンCはレモンの8個分!
場内からは驚きの声が出ていました。

20180602-9.jpg
おうちでやってみよーキウイの食べ方とおいしくする方法を実演しました。
キウイを追熟することで柔らかくなり、甘さが増します。

20180602-10.jpg
年長さん3名に代表してもらい、キウイのプレゼントをしました。

20180602-11.jpg
園児からの質問タイム
色は緑と黄色しかないの?、甘いところは?、ニュージーランドはどこ?など、
のぶおマイスターからすべてビシッと答えてもらいました。

20180602-12.jpg
最後に園から御礼でお歌を披露してもらいました。
お歌はグリーンキウイにかけて「グリーン・グリーン」
みんな上手だったよ!
今日の授業で覚えたことをおうちの人にも教えてね。

藤見幼稚園の園児の皆さん、園長先生をはじめ先生方、ありがとうございました。



<一口メモ>
キウイには、
妊娠中の女性と赤ちゃんを守る「葉酸」、
若さと美しさを保つ「ビタミンE」、
お腹の消化をお手伝い「アクチニジン」、
老化を防ぐ「ポリフェノール」など、たくさんの栄養が含まれています。
一日一個のキウイで若々しく健康的な生活を送りましょう。

JA鹿児島いずみ 紅甘夏(べにあまなつ)食育・寄贈

4月20日(金)JA鹿児島いずみの大野果樹部会長そしてJA 松﨑参事のお二方が来県され、新潟市立亀田小学校(新潟市江南区)において、鹿児島県産 紅甘夏の食育・寄贈活動を行いました。
5年生、6年生の皆さんから出前授業に参加して頂きました。
紅甘夏の食育・寄贈活動は今回初めてでした。

20180426-1.jpg

20180426-2.jpg
ご自身でも「紅甘夏」を栽培、生産されているJA鹿児島いずみ 大野果樹部会長様より鹿児島県について、「紅甘夏」の特徴、栽培方法など、わかりやすく説明していただきました。

20180426-3.jpg

20180426-4.jpg

その後、「紅甘夏」の上手な皮の剥き方を説明しました。
皮の剥き方をやってもらう生徒の代表を選びました。たくさんの手が挙がりました。
20180426-5.jpg

20180426-6.jpg
JA鹿児島いずみ「紅甘夏」の販売担当者 弊社 果実部 森田から(左)より皮の剥き方の実演です。皮の横に切れ目を入れ皮むき、中身を取り出します。
あわせて、おいしい「紅甘夏」の選び方、食べ方を説明しました。

20180426-7.jpg
力が入ります。その後、みんなで「紅甘夏」を頂きました。

最後は皆さんに「紅甘夏」のプレゼント。
20180426-8.jpg
JA鹿児島いずみ 松﨑参事より、クラス代表に。
「紅甘夏」とひよこカッター(ひよこの形の皮を切る道具)がプレゼントされました。



<豆知識>
 
「紅甘夏」の生産量がもっとも多いのは鹿児島県。
 
「紅甘夏」と「甘夏」の違いは?
その名の通り、皮、果肉とも濃い紅色で、果汁が多く、粒のひとつひとつがプチプチした食感が特徴です。
 
「紅甘夏」の出荷は?
収穫後2~3か月貯蔵し、糖度がのってから出荷されます。
出荷時期は2月から5月。今が旬です。

「紅甘夏」の栄養、効果は?
クエン酸・ビタミンCを多く含み、風邪予防、疲労回復そして血をきれいにする働きがあります。果肉を包んでいる薄皮(ショウノウ)はペクチンが多く含まれており、整腸作用に優れており、便秘や下痢改善に効果があります。

「紅甘夏」の見分け方(選び方)
ヘタが枯れていない緑色で、持ったとき重みがあり、果皮に張りがあるものを選んでください。

「紅甘夏」の保存方法は?
日の当たらない涼しいところで保存してください。



亀田小学校の生徒の皆さん、先生方、おじゃましました。ご協力のおかげで無事終了することができました。機会がありましたら、またお願い致します。
「紅甘夏」はそのままでも、サラダやヨーグルトに入れて、また皮ごとジャムにしてと多くの食べ方があります。これを機に今が旬「紅甘夏」を是非ご賞味ください。

宮崎経済連・JA西都 宮崎県産青果物 栄光幼稚園にて食育活動

3月16日(金)宮崎経済連・JA西都の皆さんが来県され、宮崎県産青果物の認知度の向上並びに消費拡大のため、栄光幼稚園(新潟市東区)において食育活動を行いました。栄光幼稚園での開催は3年目となりました。

20180317-1.jpg
宮崎ピーマンのキャラクター「グリーンザウルス」の登場。

20180317-2.jpg
宮崎のやさい・くだもの博士 杉田様(JA西都 営農経済部 販売課)より説明。
クイズをまじえ、わかりやすく説明いただきました。

20180317-3.jpg
テレビ局の取材もありました。

20180317-4.jpg
最後に、カラーピーマンと長なすをプレゼント。
お家に帰って、幼稚園で聞いたこと、教えてあげてね!

栄光幼稚園の園長先生はじめ、先生方、園児のみなさん(年少さん)おじゃましました。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示